INFORMATION & TOPICSお知らせ

プレス

ダンドリワーク新機能:『自主検査シート』10月9日リリース ~現場情報と連動して管理、現場の“質”を高めます~

株式会社ダンドリワークス(本社:滋賀県、代表取締役社長:加賀爪宏介。以下「ダンドリワークス」)は、建築現場に特化したコミュニケーションツール『ダンドリワーク』の新機能として、『自主検査シート』を10月9日にリリースいたします。
自主検査とは、建築会社が施工品質を高めるために自社の基準を設定し、外注先を含めチェックを行うものです。法的な義務もなく手間がかかるため、大手など一部の会社でしか実施されていないのが実情です。新機能では、人手の少ない会社でも実施できるようなソリューションを提供します。

◆機能面のポイント
・『ダンドリワーク』をご利用している場合、現場管理と連動し『ダンドリワーク』内の操作で完結できます。
・自主検査シート機能ではブラウザ及びアプリから項目をチェックすることができます。
・最大5名まで個別の承認フローを設定でき、作成したシートはPDF出力が可能です。

◆サービスのポイント
・導入時には、当社専門スタッフによる作成事例の紹介や勉強会の実施など、これまで手間やコストが原因で自主検査に着手できなかった企業への支援も予定しております。

■ご提供について
オプション料金:月額¥21,000(税込)
ご利用詳細はinfo@dandoli-works.comまたはチャットワークよりご連絡ください。
※当機能はダンドリワークのオプション機能です。


■今後の展望
建築業界全体の深刻な人手不足に対応できる技術の促進や現場のムダ・ムリ・ムラのある作業をなくすため、さらなる新機能の開発を行うとともに、他社システムとの連携開発を進めております。ダンドリワークスは、アナログ業務の棚卸からIT導入、活用までのソリューションを提供し、“現場が本当に使えるIT“を現場に落とし込むことで建築業界のプラットホームを目指します。

お問合せはこちらから

カテゴリ